2014年6月9日月曜日

子犬を連れた女の子『だるまちゃんとにおうちゃん』



『だるまちゃんとにおうちゃん』(こどものとも2014年7月号通巻700号)のお話はご紹介させていただきましたが、実はもう一人見ていただきたい子どもが登場します。冒頭からずっと描かれている、子犬を連れた女の子にお気づきでしょうか。 

この子は一言もお話ししませんし、遊びにも参加しませんが、実はずっとだるまちゃんやお友だちの遊びを 遠くから見守っています。 

この女の子について加古さんにうかがったところ、子どもたちがたくさんいると、みんなで遊ぶ子どもたちもいれば、遊びに参加しないで遠くから見ているだけの子どももいて、さまざまな形で遊びに参加する子どもがいていいのだという思いがあるそうです。多くの子どもたちの個性を受け入れ、その子たちをそっと見つめる、加古さんのあたたかいまなざしが伝わってくるようなお話ですね。 

『だるまちゃんとにおうちゃんの』の中で、子犬を連れた女の子見つけたら、そっと見守ってあげてくださいね。 

http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=23309 

0 件のコメント:

コメントを投稿