2014年6月9日月曜日

体をつかって思いっきり遊ぼう 新作『だるまちゃんとにおうちゃん』発売中。

すでに何度かご紹介させていただいている加古里子さんの「だるまちゃん」シリーズの新作『だるまちゃんとにおうちゃん』(こどものとも2014年7月号通巻700号)が刊行されました。

8年ぶり、8作目となる『だるまちゃんとにおうちゃん』で、だるまちゃんが一緒に遊ぶお友だちはお寺のおしょうさんの孫です。体が大きくて力があるので「仁王(におう)」ちゃんとよばれています。たしかに、絵を見ても少し体がほかのお友だちよりも大きいようです。 

いっしょに遊んでいるうち、におうちゃんが力持ちであることに感心した子どもたちですが、誰かが「でも、だるまちゃんだってちからもちだよ」と言い出したため、二人は力比べをすることとなりました。体格はあきらかにだるまちゃんの方が小さいようですが、さて、勝負の行方は… 

すもう、ぼうおし、つなひき、うでぐみずもう、けんけんずもう、てたたきずもう、しりずもう、あしずもう、うでずもう、ゆびずもう、にらめっこ……体を使った懐かしい遊びが次から次へと出てきます。これらの遊び、結構やったことがあるのではないでしょうか。 

力が勝負の決め手となる遊びでは、やはり力が強いにおうちゃんが勝ちますが、バランス感覚やタイミングなども勝敗の決め手となる、けんけんずもうやしりずもうでは、だるまちゃんも負けてはいません。力の強さだけが勝敗を決めるわけではない体遊びの様々な楽しさがふんだんに盛り込まれています 。 

子どもは遊ぶのが仕事! 絵本を読んだらさっそくいろんな遊びを試してみてくださいね。 

●『だるまちゃんとにおうちゃん』(こどものとも2014年7月号通巻700号)には、特別付録とんとんずもう(紙相撲台紙)がついています。詳しくはこちらをご覧ください。 

0 件のコメント:

コメントを投稿