2015年2月4日水曜日

『ゆきのひ』の世界を、雪国の福井県・越前市で味わおう!

福井県・越前市の“かこさとしふるさと絵本館「石石(らく)」”から、加古里子さんが描かれた『ゆきのひ』の原画展の様子が届きました。14点の原画とともに、冬の暮らしや遊びの道具も展示されています。

原画が全点そろって展示されるのは、はじめてのことだそうです。原画は絵本よりひとまわり大きく描かれているので、 迫力も満点!!



『ゆきのひ』の表紙と裏表紙の原画です。ところどころに青をもちいて描かれた雪が、原画でみるとより印象的です。



雪国にかかせない道具も展示されています。右から、しょいこ、わらぐつ、かんじきです。かんじきは、『ゆきのひ』の中でも、山へでかけるときにりっちゃんが足につけていますよ。

子どもたちに雪国の昔の暮らしを知ってもらうにも、とても楽しい展示です。ぜひ、雪道に気をつけておでかけください。展示は3月8日(日)までです。

詳しくは、かこさとしふるさと絵本館「石石(らく)」にお問い合わせください。
http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/050/kakosatosi/

0 件のコメント:

コメントを投稿